awsの認定試験を受けよう!監視についての事情も紹介!

awsの活用が国内外を問わずに進められています。クラウドサーバーとして安全性も信頼性も高いことから、導入する企業が増えてきました。サーバーエンジニアとしてはawsに対応できることが重要になってきています。

この記事ではawsに対応できるエンジニアとしての能力を示すのに有効な認定試験についてわかりやすく紹介します。

awsでは公式の認定を受けることが可能

awsが世界的に活用されるようになったことを受けて、awsでは認定試験を実施して優秀なエンジニアを育てています。awsではクラウドに関する専門的なスキルや知識を持ち、ビジネスに生かせる人材を育成することを目指してトレーニングプログラムと認定試験を用意しています。

awsのクラウドサーバーを生かすためにはクラウドプラクティショナーとしてのスキルや、デベロッパーとしての能力、ソリューションアーキテクトとしてのノウハウがあるのが理想的です。また、AIやマシンラーニングを利用できる能力も求められるようになってきています。

このようなスキルのトレーニングを受けられるようにしているのがawsの特徴で、エンジニアを成長させることでより良い形でawsを活用できるようにすることを目指しています。awsではスキルのあるエンジニアに対して認定もおこなっています。

試験を受けて合格した際にはawsからの認定を受けることが可能です。FOUNDATIONAL、ASSOCIATE、PROFESSIONAL、SPECIALITYの4種類の区分があり、合計12種類の認定試験がおこなわれています。

合格して認定バッジを手に入れると、その分野において優秀な能力を持っているエンジニアだと示すことができます。自宅で試験を受けられるシステムになっているため、スキルをアピールできるようになりたいエンジニアにとって大きな魅力があるでしょう。

awsで実施している認定試験

awsで実施している認定試験は12種類ありますが、それぞれの専門性には違いがあります。awsが最も基礎となる資格として認定しているのがFOUNDATIONALのクラウドプラクティショナーです。基礎的なawsの知識を確認する内容で、awsの運用や監視をするための基本を押さえていることを示せる資格になっています。

ASSOCIATEの認定試験ではソリューションアーキテクト、デベロッパー、シスオプスアドミニストレーターの三種類があります。専門性の高いスキルが求められるため、クラウドプラクティショナーとは違って技術力が必要とされるのが特徴です。

PROFESSIONALではソリューションアーキテクトとデブオプスエンジニアの二種類があり、認定を受けるにはさらに高度なスキルと知識が必要です。SPECIALITYのアドバンストネットワーキング、データアナリティクス、データベース、マシンラーニング、セキュリティ、SAP on AWSではステークホルダーや顧客へのアドバイザーとしても十分な知識と思考力が求められます。

awsを高度な形で活用する上で必要なスキルを求められるため、キャリアアップをしたいエンジニアにとって重要な認定資格です。

関連記事:awsのping監視とは?必要性と基本的な方法を解説

エンジニアが認定を受けるメリット

エンジニアにとってawsの認定を受けるのはどのようなメリットがあるのでしょうか。認定を受けるとプロフェッショナルとして客観的に認めてもらえるのが最大のメリットです。特に転職したいと思ったときに、awsについて認定内容に応じたスキルがあることを説明せずとも理解してもらえます。

クラウドプラクティショナーの認定を受けているだけでも、これからawsを導入したい、awsの運用で困っている、awsの監視体制を整えたいといったニーズがある企業から歓迎されるでしょう。awsの運用や監視などで悩みを抱えている企業からはソリューションアーキテクトやデータベースなどの専門性の高い認定があると大きな信頼を得られます。

awsは安全性も安定性も高いクラウドサーバーとして世界的に利用されています。認定を受けるとグローバルな視野でエンジニアとして活躍できる可能性を切り開けるのもメリットです。awsを運用している企業からは即戦力として認めてもらうための重要な認定資格になるので、海外で働きたいと考えているエンジニアは認定を取得しておくのが望ましいでしょう。

試験を受けるときに知っておきたい監視の実態

awsの認定資格は自宅でも受けられるので気軽です。試験を受けるときには予約をして一人きりの環境を作って受験することになります。受験するときにはスマートフォンでの本人確認ががおこなわれた後、スタッフによる説明があります。

そして、試験を受けて合格すれば認定をもらうことができるという流れです。試験を受けるときには終始監視されているので注意しましょう。awsの試験ではパソコンを使って受けるのが基本で、パソコンのマイクとカメラをオンにすることが求められます。

スタッフが監視しているので、不正行為と思われるような行動が見られた場合には不合格になります。例えば、試験中に喋ったら不正行為と見なされます。一人で受けられる環境を作るのも、他の人の声が入ってきて不正行為になってしまわないようにするのが目的の一つです。

また、手で顔を覆ったり、席を離れたりするのも不正行為になります。常に監視されているということを意識して試験を受けることが必要です。オンライン試験を受けるのに慣れていないとうっかり席を立とうと思ってしまうこともあるので注意しましょう。

awsの認定試験を受けるべきか

awsの認定試験を受けるべきかどうかは悩ましいところでしょう。今後、awsの運用や監視を担当できるサーバーエンジニアとして活躍していきたいなら認定を受けておくに越したことはありません。awsを運用している会社でも、これから新たにawsを導入しようとしている会社でも貴重な人材として認めてもらえるからです。

awsの認定試験はawsに特化していますが、試験内容には一般的な内容も盛り込まれています。そのため、awsを使用していない企業からもクラウドサーバーなどに詳しいエンジニアとして認めてもらえる可能性があります。《関連サイト|CloudCREW|AWS運用

どのような評価を受けるかは相手企業によって異なりますが、エンジニアとしての実力があることを示す手段としてawsの認定を受けるのは効果的です。

awsの認定試験を受けていこう

awsの認定試験は基本的なクラウドの知識を問うクラウドプラクティショナーから、スペシャリストとしての専門知識を問う試験まで多岐にわたっています。エンジニアがサーバーの分野で活躍する上では重要な知識とスキルを身に付けられる試験です。

今後のキャリアを考えて認定を取得するのはきっとプラスになります。監視下での試験ということを意識して、不正行為にならないように気を付けながら受験して認定を取りましょう。