awsの運用ではネットワーク機器の監視が必要?

awsの運用を考えるときに社内で利用しているネットワーク機器についてどのように取り扱うのが良いのかで悩むことがよくあります。監視をする必要があるのか、どのように監視すれば問題ないのかというのが大きな問題です。

この記事ではawsの運用でネットワーク機器の監視をする必要性について、さまざまな角度から解説します。

関連記事:aws directory serviceとは?監視に使う方法もわかりやすく解説!

awsではネットワーク機器の監視は自社責任

awsを利用する際にまずは監視の責任について理解しておくことが必要です。awsではクラウドサーバーを提供していて、サーバーについては徹底した監視と管理をおこなっています。しかし、awsがユーザーに提供しているサービスのすべてを監視して保証しているわけではありません。

あくまでawsではベースになるサーバー本体についての責任を負うというスタンスにしていて、ユーザーに提供しているサーバー領域以降についてはすべてユーザーが責任を負う仕組みになっています。そのため、サーバー本体については気にする必要がありませんが、それ以外の部分はユーザーが運用方法や監視方法について責任を持ち、適切な方法を選んで対処していかなければなりません。

awsの利用に用いているネットワーク機器についても例外ではなく、トラブルが起きたときには自社責任なので対応が必要です。

ネットワーク機器の監視は重要

ネットワーク機器として典型的なのはルータやスイッチなどです。無線LANや有線LANが最もユーザーに近い位置にあるネットワーク機器ですが、他にも設計によってはさまざまな機器が必要になります。awsを利用する上でネットワーク機器の監視がそもそも必要なのかどうかが気になる人もいるでしょう。

結論としては徹底した監視をして、いつも安定して利用できるようにすることが不可欠です。ネットワーク機器が不具合を起こすと、たとえawsが正常稼働していたとしても社内のスタッフがネットワークを利用できなくなります。

社内ネットワークが不具合を起こすとコミュニケーションを取れなくなる、aws上のサービスを利用できなくなるといったトラブルが発生するのは明らかでしょう。社外サービス用にawsを利用している場合でも、情報のアップデートができない、顧客からの連絡を受け取れない、顧客に連絡できないなどといったトラブルが発生します。

ネットワーク機器は通信をする上で不可欠なので、いつでも快適に使えるように監視して不具合に対処することが必要です。awsを使って大がかりな社内システムを導入したり、社外サービスを起ち上げたりするときには特にネットワーク機器の監視をするのが重要になります。

awsの監視と併せてネットワーク機器の監視をすることは可能

awsの運用をするときには監視が必要です。どのような使い方をしていたとしても、awsのサーバー上に構築したインスタンスや、利用者によるトラフィック、サーバーのストレージやメモリなどを監視して最適な形でリソースを割り当てることは欠かせません。

awsではエラスティックに容量を自動変化させるシステムを利用できるため、リソースを最適化して無駄にストレージなどを使用してコストが上がらないようにすることも大切です。awsの基本的な監視と並行してネットワーク機器の監視もおこなえれば理想的だと考えるのはもっともなことです。

このような理想的なやり方を実現することはできるのでしょうか。結論としては、awsの基本的な監視とネットワーク機器の監視は並行しておこなえます。awsに標準で搭載されているサービスのCloudWatchを使用するだけで監視は可能です。

ただ、標準機能として搭載されているわけではないので、詳細な設定をしてメトリクスを取得する必要はあります。スクリプトを書いて自動化することもできるため、初期に監視体制をきちんと整えればネットワーク機器の監視もawsの監視も効率的におこなうことが可能です。

関連記事:awsのping監視とは?必要性と基本的な方法を解説

内製化するか外製化するかは検討が必要

CloudWatchを利用してawsとネットワーク機器の監視をする方法は簡便ですが、デメリットもあるので注意しましょう。基本的にCloudWatchによる監視はアラートを出せるだけで、自動的に改善できるわけではありません。

ネットワーク機器に問題が発生したという事実を監視によって認識できるだけで、改善をするにはエンジニアが対応しなければなりません。そのため、awsとネットワーク機器の監視は内製化すべきか、外製化すべきかは検討した方が良いでしょう。

内製化すればスピーディーな対応ができますが、awsにもネットワーク機器にも詳しいエンジニアを確保することが必要です。優秀なネットワークエンジニアやサーバーエンジニアを雇わなければならないので費用対効果を考えなければならないでしょう。

外製化する場合にはエンジニアの確保について気にする必要はありません。ただ、監視をするだけなら問題はなくても、トラブルが発生したときの対処は遅くなります。ネットワーク機器の不具合が発生したときに、即日対応できないこともあります。

業務に大きな支障が出るリスクがあるので、完全に外製化するのは危険だと考えた方が良いでしょう。

ネットワーク機器の監視は内製化がおすすめ

awsの監視については外製化し、プロに任せて安定した運用をできるようにするのが合理的です。ただ、ネットワーク機器の監視については不具合への対処をスピーディーに行えるようにする必要があるため、内製化した方が良いでしょう。

ネットワーク機器が不具合を起こすと、あらゆる業務がストップしてしまうリスクがあるからです。ネットワーク機器の構成によってはawsだけでなく、インターネット接続や社内ツールなども監視対象になるでしょう。業務に直結するシステムを監視して、常に快適に使えるようにしなければ業務スピードが落ちるのは明らかです。

awsで何をするかによってはaws自体も監視を内製化した方が良い場合もあります。一時的にサーバーが使えなくなったとしても業務に影響がないのなら外製化で問題はありません。しかし、わずかな時間のサーバーダウンが業務や事業に大きな支障を与えるのなら、監視は内製化してすぐに対応できるようにするのが安全です。

awsの監視ではネットワーク機器も考慮しよう

awsを利用する際にはサーバー本体以外は基本的に自社責任で運用する必要があります。ネットワーク機器についても監視が必要なので、awsと併せて監視できる体制を整えましょう。CloudWatchを利用してまとめて監視することは可能です。

ネットワーク機器に支障があると業務に問題が起こるリスクが高いので、できる限り内製化して対応するのがおすすめです。

関連記事:awsの認定試験を受けよう!監視についての事情も紹介!